具体性を持った自己PRをするには

就職活動や転職活動で、避けて通ることができないのが、自己PRではないでしょうか。

自己PRは、就職活動や転職活動の大切なポイントとなります。なかには、就職試験の面接で、上手に自己PRができないことについて、悩んでいる方もいるかもしれません。

自己PRの悩みは、もちろん、面接試験でうまく話すことができないという、緊張や上がりのせいもあるかもしれません。

ただ、その背景にあるのは、自分の自己PRに自信がないからかもしれません。それでは、自信を持って自己PRをするには、どのような方法があるのでしょうか。

そのためには、自己PRに説得力を持たせることが大切になります。たとえば、多くの就職希望者が自己PRに盛り込む言葉に、積極性や責任感、協調性といったものがあります。

ただ、こうした自己PRをする就職希望者は、数え切れないほどいます。そのため、相手の面接試験官には、具体的に伝わりにくいのです。

それでは、自己PRに納得してもらうためには、どのようにすればいいのでしょうか。

そのためには、学生時代に取り組んだ研究やサークル活動など、自分の経験を、自己PRでアピールしたい事柄と、うまく結びつける必要があります。

そのためには、これまで自分が経験してきたことを、一度、おさらいする必要があります。なぜなら、毎日の生活に追われて、自分自身について振り返る時間がなかなか持てないからです。

こうした、自己PRのポイントは、自分ではなかなか気づくことができないものです。そのため、自分で振り返るだけでなく、周囲の人に、自分自身についてどう思うか、たずねてみるのもひとつの手です。

また、自己PRは必ずしも、成功体験だけをアピールすればいいのではありません。

つまり、失敗からどのようなことを学び、どのように成長に結ぶつけたかを、アピールすることもできるためです。誰しも、成功できるわけではありません。

むしろ、失敗を糧に成長することもできます。企業の採用担当者は、就職希望者について、多角的に見ているので、自己PRが一方的にならないように注意する必要があるのではないでしょうか。

また、自己PRで気をつけたいのが、企業側が求める人材像ばかりを気にしすぎないことではないでしょうか。

あまり企業側の視点から、自己PRを考えてしまうと、ほかの就職希望者の自己PRと差別化ができなくなってしまいます。自己PRで大切なのは、自分のオリジナリティを出すことでもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です