オリジナルの自己PR作成

就職活動をする際に、避けては通れないことが自己PRの作成です。

自己PRは、履歴書で書くこともありますし、エントリーシートに記入することもあります。さらに、面接でも話のネタに振られることもありますので、就職活動においては自己PRの作成は欠かすことのできない作業となっています。

とはいっても、自己PRの作成はなかなか簡単にはできないものです。

自己PRとは、文字通り、自分を売り込むための表現を作ることですが、日本人は生まれてからずっと謙虚に生きるように教えられてきているので、自分を売り込むことがとても苦手です。

そのため、就職活動での自己PRは皆当たり前のような決まり文句で終わってしまうことが多いのです。

それでも実際に採用されているのですから、ほとんどの場合、自己PRで差が付くものではありません。だからこそ、自分なりの自己PRを用意することで、周りと大きな差をつけることができ、その他の面接でも有利に立つことができるのです。

では、どのようにして自己PRを作成したらいいのでしょうか。まずは、就職のことなどは意識せずに、自由に自分の特徴や長所、やりたいことを書いていきます。

これは、できるだけ多く書いた方が良いのです。多く書くことで、そこから就職活動に使えそうなものをピックアップできます。

ここで気を付けなければいけないことは、できる限り具体的に各ことです。例えば、努力家ですと単語を連ねるだけではなく、絵を何時間も集中して書くことができるなど具体的な情景が分かるように書いてみましょう。

そうしたら、ここで書いたいくつかのエピソードから就職活動に使えそうなエピソードをいくつかピックアップします。

そして、ピックアップしたエピソードをさらに膨らませることで、1000字程度の自己PRを作成することができます。

エピソードはあまり一般的でないものでも構いません。むしろ、ありふれた情景ではないほうが、その人の個性が伝わりますので、ポイントがアップするでしょう。

このように、ただ自由に書きたいことを書いていくだけで、自己PRが作成できるということが分かったかと思います。作成のプロセスが分かったところで、実際に自己PRを作成してみましょう。

作成の手順さえ理解できれば、自己PRを作成することは簡単です。このようにして、就職本に書いていないようなオリジナルの自己PRを作成することができますので、就職活動に有利にはたらきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です